中小企業経営者の皆様

こんなこと思っていませんか⁈

こんなことで悩んでいませんか⁈

✅決算書は銀行と税務署に出すだけ

✅借入金がいつ完済できるのか不安

✅利益をどれくらい社員に還元すべきか悩む

✅思うようにキャッシュが残らない

✅業績は毎年変化がない

✅経営の原則を体系的かつ簡単に学びたい

✅利益倍増なんて無理

✅社員にもっと主体的に働いて欲しい

✅自分の右腕となる幹部社員が育たない

✅経営の相談パートナーが欲しい

✅役員クラスを雇うほどの人件費はかけられない

👆ひとつでも当てはまれば、ご相談下さい👇

✍経営の原理原則を!

 

企業の目的は?このシンプルかつ有名なドラッカー教授の問いかけに

正しく答えることができる経営者は意外と少ないのではないでしょうか。

ドラッカー教授の経営理論と○○経営の実践!

 

✍未来会計で未来経営を!

 

中小企業で作成されている決算書はほとんどが税務会計でしょう。

終わった過去に対する税金を納めるための決算書は最低限必要です。

経営者に必要なものは未来のための経営、未来会計ではないですか⁈

 

✍社長はひとり、経営者は全員!

 

我が社の社長は私です。

でも経営者は社員も含め全員です。

こんな会社最高ですね!

 

✍企業型確定拠出年金で目的共有!

 

我が社に最新の企業年金制度を!と願う経営者に朗報!

会社は新たな掛け金負担なし!

会社のコスト(社会保険料)ダウン可!

オーナー経営者個人は節税兼資産形成!

社員個人も節税兼資産形成!

働き方改革の意味を知り生産性の向上へ!

制度説明をさせて頂いた結果

90%以上の経営者が企業型DCの採用を即断されています。

 

 

企業型確定拠出年金の導入で業績アップ⁈